第51回 情報科学若手の会 参加者・発表者の受付を開始しました

第51回 情報科学若手の会 参加者・発表者の受付を開始しました

情報科学若手の会とは

情報科学若手の会とは、情報科学に携わる学生、若手研究者、社会人のディスカッションと交流の会です(昨年の開催報告)。
幅広い分野から参加者を募り、互いの交流を深めることで新たな発想が生まれることを目指しています。 インフォーマルな雰囲気ですので、これから研究を始めるという方も是非ご参加下さい。 50th

招待講演

講演者

日本マイクロソフト株式会社 宇田周平 様

プロフィール

2013 年慶應義塾大学環境情報学部卒。同年日本マイクロソフトに入社し、現在に至るまで Windows や Azure のサポート業務に従事。2016 年から 2018 年にかけて個人でコンテナー データセンターを建設し、今夏より稼働を開始。

題目

そうだコンテナー データセンターを作ろう

概要

「クラウド時代のエンジニアに、オンプレミスのインフラ環境なんて必要ない!」、そう思っていた時期が私にもありました。でも、今は違います。コンテナー (物理) にはクラウドでは絶対に得られない貴重な経験と、先人たちが築き上げた多くのノウハウが詰まっています。パッション (+ 時間とお金) があればコンテナー データセンターは個人でも作れる時代です。私が実際に建設した経験と未公開写真をもとに、その魅力をお伝えします。

若手特別講演

講演者

日本電信電話株式会社NTTセキュアプラットフォーム研究所 黒米祐馬 様 ( @ntddk )

プロフィール

2017年慶應義塾大学環境情報学部卒業。同年日本電信電話株式会社 (NTT) 入社、セキュアプラットフォーム研究所配属。マルウェア対策技術の研究開発に従事。

題目

The Art of De-obfuscation

概要

リバースエンジニアリングは骨が折れる作業です。とりわけ、プログラムコードに難読化 (obfuscation) が施されていた場合には。本講演では、難読化の原理、難読化コードの読み解き方、そしてSMTソルバを核とした形式手法によって難読化コードのリバースエンジニアリングを効率化する試みを紹介します。


開催概要

### 開催日程 2018年10月6日(土)から8日(月・祝)(2泊3日の合宿形式)

6日は14時集合(13時30分受付開始)、8日は12時解散を予定しています。
土日のみ、あるいは日曜のみの参加なども可能です。参加申込みの際に併せてご連絡ください。

※ 9月の3連休は研究会や国際会議の締め切りと重なって参加しづらいとの声があり、 10月に時期を変更しました。

場所

軽井沢研修所 (長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉(大日向)5607) リンク

宿泊は男女別の相部屋となります。 建物内は禁煙です。

募集人数

45名

Twitterのハッシュタグ

#wakate2018


発表形式

一般発表、ショート発表

発表者の皆様の研究やご興味をお持ちの話題についてご発表いただくものです。ある分野や技術に関するチュートリアルのような発表も歓迎します。

  • 一般発表: 発表30分 + 質疑応答10分
  • ショート発表: 発表15分 + 質疑応答10分

参加者の皆様に何らかの体験をしていただくハンズオンを含む発表も歓迎します。発表時間など調整しますので、発表申し込みの際にその旨をご連絡ください。

ライトニングトーク

発表者の皆様に自由に短い時間(5分間)発表していただくものです。


参加費(食費・宿泊費込)

  • 高校/高専生、学部2年生(未成年)まで: 10,000円
  • その他学生(成年): 14,000円
  • 社会人: 24,000円

(1) 複数の参加区分に該当する方は、該当する区分のうち、いずれか金額の高い方を適用させていただきます。
(2) 一部の日程のみ参加される場合でも参加費の減額はありません。

交通費補助

  • 学生/社会人1年目には交通費の一部補助を検討しております。
  • 予算状況により、一般/ショート発表に採択された学生、学生、社会人1年目の優先順位となります。
  • 他 (所属組織等) から補助を受けていない方に限ります。

未成年者の参加者に関する注意事項

  • 言うまでもないことではありますが、未成年の参加者への酒類提供は一切致しません。なお、参加費は宴会でのアルコール飲料の代金を差し引いた金額となっております。
  • 未成年の方が参加する場合には、親権者の承諾書を提出して頂く必要があります。 具体的な様式および提出方法については、参加申し込み後に幹事よりご連絡します。

参加費の支払いとキャンセルについて

会場では参加費を受け取りません。参加申し込みを受け付けた後、情報処理学会から請求書、郵便振替用紙、送金連絡票を郵送します。お手数ですが、郵便振替、銀行振込、現金書留などの手段で事前に参加費の払込みを済ませるようお願いいたします。お送りした郵便振替用紙を使って振り込んだ場合、手数料は無料です。それ以外の振込みの場合は、送金連絡票に必要事項を記入して、下記照会先にご連絡ください。海外にお住まいのご参加者様には情報処理学会からメールにて支払いについてのご連絡をいたしますので確認をよろしくお願いいたします。

照会先: 情報処理学会 事業部門(第51回情報科学若手の会係)

  • Phone: 03-3518-8373
  • Fax: 03-3518-8375
  • Email: wakate51 [at] ipsj.or.jp

※ 今年より、クレジットカードでのお支払いも対応可能となりました。手数料の関係でクレジットカード以外でのお支払いが不可能な場合に個別に相談頂いた上での対応とさせて頂きます。

振込期限・参加取消期限は、2018年9月21日(金)です。 参加申込み後やむを得ず参加を取り消される場合は、 wakate51 [at] ipsj.or.jp まで連絡をお願いします。

※ 9月21日までに取消しの連絡が無い場合は、参加費の払い戻しはできません。 また、参加費を振り込まないことにより、自動的に参加取消しにはなりません。 9月21日までに取消しの連絡が無い場合は、 連絡の有無にかかわらず参加費をお支払いいただく必要があります。


参加・発表申込

参加を希望される方は、 第51回 情報科学若手の会 参加申し込みフォーム より必要事項を記入しお申し込みください。

発表を希望される方は、発表を希望される方は 第51回 情報科学若手の会 発表希望記入フォーム から登録してください (※ 発表者の方も参加申込みが必要です)。 後日調整の上、発表者を決定いたします。 なお、ライトニングトークは若手の会の当日も募集いたします。

申込み締め切り

2018年8月31日(金)

(期日前でも定員になり次第、締切らせていただきます)

個人情報について

ご提供いただいた個人情報は、以下の目的にのみ利用させていただきます。

  • 情報科学若手の会運営のため
  • お問い合わせ対応のため
  • 関連情報ご提供のため
  • 統計データとしての利用のため(*1)

同意を得た場合及び法令に基づく場合などを除いて、個人情報を当該目的以外に利用いたしません。

*1 こちらは情報科学若手の会の改善や宣伝のために、個人情報が判明しない状態(男女比・年齢分布など)での利用を想定しております


主催

一般社団法人 情報処理学会 プログラミングシンポジウム委員会

スポンサー

通常スポンサー

       
 icon1   icon2   icon3   icon4 
Freee株式会社 様(1口) さくらインターネット株式会社 様(1口) 株式会社フィックスターズ 様(1口) 株式会社Preferred Networks 様(1口)

懇親会スポンサー

   
 icon5   icon6 
株式会社サイバーエージェント 様(1口) Idein株式会社 様(1口)

連絡先

  • 参加費の振込や参加申込の取消に関するお問い合わせ: wakate51 [at] ipsj.or.jp
  • その他(参加申込前のお問い合わせや発表申込など): info [at] wakate.org

情報科学若手の会幹事

  • 黒崎 優太(株式会社サイバーエージェント)
  • 佐々木 康汰(さくらインターネット株式会社)
  • 高橋 真奈茄(ヤフー株式会社)
  • 武田 真之(慶應義塾大学)
  • 田中 京介(電気通信大学)
  • 柳川 優子(株式会社NTTコミュニケーションズ)
  • 和田 佳大(株式会社サイバーエージェント)