第54回 情報科学若手の会 開催報告

はじめに 2021年9月26日に第54回情報科学若手の会を開催いたしました。今年は新型コロナウイルス感染症の影響により、Zoomを用いたオンラインイベントとして開催致しました。事前のオンラインの申し込み者数と招待講演者を合わせた人数は93名にのぼり、様々な分野の発表を行い、活発に議論しました。 発表および議論 以下のような発表枠を用意し、議論を行いました。 本年は通常発表2件、招待講演1件、若手特別講演1件の発表がありました。 招待講演: 50分 (質疑含む) 若手特別講演: 35分 (質疑含む) 通常発表: 20分(質疑含む) 発表一覧 (敬称略) 通常発表 1: 「Linuxの改造とパッチ投稿」 森瑞穂 (@morimolymoly) (電気通信大学) 今回はLi ...続きを読む

第53回 情報科学若手の会 開催報告

はじめに 2020年9月26日に第53回情報科学若手の会を開催いたしました。今年は新型コロナウイルス感染症の影響により、Youtube Liveを用いたオンライン開催致しました。事前のオンラインの申し込み者数と招待講演者を合わせた人数は265名にのぼり、様々な分野の発表を行い、活発に議論しました。 発表および議論 以下のような発表枠を用意し、議論を行いました。 本年は通常発表4件、招待講演2件の発表がありました。 招待講演: 35分又は50分 (質疑含む) 通常発表: 15分(質疑含む) 発表一覧 (敬称略) 招待講演 1: 「『シン・テレワークシステム』おもしろ開発秘話」 登 大遊 (IPA, NTT 東日本) 新型コロナ対策 NTT 東日本-IPA「シン・テレワークシ ...続きを読む

第51回 情報科学若手の会 開催報告

はじめに 2018年10月6日から10月8日にかけて、加藤山崎教育基金 軽井沢研修所(長野県北佐久郡)で、第51回情報科学若手の会を開催いたしました。全国より招待講演者を含む41名が参加し、様々な分野の発表を行い、 活発に議論しました。 発表および議論 以下のような発表枠を用意し、議論を行いました。 本年は、通常発表6件、ショート発表8件の発表がありました。 招待講演: 60分 (質疑含む) 一般発表: 発表30分+質疑10分 ショート発表: 発表15分+質疑10分 発表一覧 (敬称略) 招待講演: 「そうだコンテナー データセンターを作ろう」 日本マイクロソフト株式会社 宇田周平 「クラウド時代のエンジニアに、オンプレミスのインフラ環境なんて必要な ...続きを読む

第50回 情報科学若手の会 開催報告

はじめに 2017年10月7日から10月9日の2泊3日の日程で山喜旅館 (静岡県伊東市) にて第50回情報科学若手の会を開催いたしました。 全国より招待講演者と若手特別講演者を含む46名が参加し、様々な分野の発表を行い、活発な議論が行われました。 発表および議論 以下のような発表枠を用意し、議論を行いました。 本年は、通常発表4件、ショート発表9件の発表がありました。 招待講演:60分 (質疑含む) 一般発表:発表30分+質疑10分 ショート発表: 発表15分+質疑10分 10月7日 ショート発表 1: 「ブロックチェーンの概要ご紹介」 電気通信大学 情報学専攻 (1年) 中西 建登 近年FinTechなどの単語を中心として話題となっている「ブロックチェーン」をベース ...続きを読む

第49回 情報科学若手の会 開催報告

はじめに 2016年9月17日から9月19日の2泊3日の日程で山喜旅館 (静岡県伊東市) にて第49回情報科学若手の会を開催いたしました。 全国より招待講演者と若手特別講演者を含む46名が参加し、様々な分野の発表を行い、活発な議論が行われました。 発表および議論 以下のような発表枠を用意し、議論を行いました。 本年は、通常発表6件、ショート発表11件の発表がありました。 招待講演:発表45分+質疑15分 若手特別講演:発表30分+質疑10分 一般発表:発表30分+質疑10分 ショート発表: 発表15分+質疑10分 9月17日 ショート発表 1: 「正しく育てるニューラルネット - 転移学習という考え方」電気通信大学情報理工学部(4年) 鈴木 藍雅 データから知識を ...続きを読む

第48回 情報科学若手の会 開催報告

はじめに 2015年9月19日から9月21日の2泊3日の日程で山喜旅館 (静岡県伊東市) にて第48回情報科学若手の会を開催いたしました。 全国より招待講演者と若手特別講演者を含む52名が参加し、様々な分野の発表を行い、活発な議論が行われました。 発表および議論 以下のような発表枠を用意し、議論を行いました。 本年は、通常発表8件、ショート発表7件の発表を行っていただきました。 招待講演:発表45分+質疑15分 若手特別講演:発表30分+質疑10分 一般発表:発表30分+質疑10分 ショート発表: 発表15分+質疑10分 9月19日 一般発表 1:「はじめてでもわかる!IoTの過去・現在・未来(特にホームネットワーク)」 北陸先端科学技術大学院大学 / 情報通信研究 ...続きを読む

第47回 情報科学若手の会 開催報告

はじめに 2014年9月13日から9月15日の2泊3日の日程で山喜旅館(静岡県伊東市)にて第47回情報科学若手の会を開催いたしました。全国より招待講演者と若手特別講演者を含む51名が参加し、様々な分野の発表を行い、活発な議論が行われました。 発表および議論 以下のような発表枠を用意し、議論を行いました。本年はタイムテーブルを見直すことで例年よりも発表枠数を多く用意したため、通常発表10件、ショート発表3件と昨年よりも4件多く発表を行っていただくことができました。 招待講演:発表45分+質疑15分 若手特別講演:発表30分+質疑10分 通常発表:発表30分+質疑10分 ショート発表: 発表15分+質疑10分 9月13日 ショート発表1:「Androidでかんたん生体認 ...続きを読む

第46回 情報科学若手の会 開催報告

はじめに 2013年9月14日から9月16日の予定で、山喜旅館 (静岡県伊東市) で、第46回情報科学若手の会を開催いたしました。全国より招待講演者と若手特別講演者を含む47名(大学生9名、大学院生14名、その他学生1名、社会人23名)が参加し、様々な分野の発表を行い、活発な議論が行われました。なお、会期中である15日昼の時点で、16日に台風18号が関東地方を通過する予報が発表されており、多くの公共交通機関が運転を見合わせてご参加の皆様がお帰りになれなくなることが予想されました。そこで、ご参加いただいた皆様が安全にお帰りになれるよう、当初の予定を変更し、会期中に予定していた全てのご発表を15日夕方までに終え、15日夕方までの短縮開催といたしました。 発表および議論 以下のような発表枠を用意し ...続きを読む

第45回 情報科学若手の会 開催報告

はじめに 2012年9月15日から9月17日にかけて、山喜旅館 (静岡県伊東市) で、 第45回情報科学若手の会を開催いたしました。 全国より招待講演者を含む61名が参加し、様々な分野の発表を行い、活発な議論が行われました。 発表および議論 以下のような発表枠を用意し、議論を行いました。 招待講演:発表45分+質疑15分 学生特別講演:発表30分+質疑10分 通常発表:発表30分+質疑10分 飛び込みセッション:発表10分 9月15日 招待講演1:「人とつながって、高エネルギー生命体に なっちゃいましょう!」 勝屋久事務所 代表 勝屋 久 現在、ソーシャルメディアのおかげでオモロい"テーマに、人やお金などのリソースが集まる時代です。だからと言って、そうした環境から必ずしもプラスの影響を ...続きを読む

第44回 情報科学若手の会 開催報告

はじめに 2011年9月17日から9月19日にかけて、芳泉閣 (静岡県熱海市西山町) で 第44回情報科学若手の会を開催いたしました。全国より招待講演者を含む32名が参加し、様々な分野の発表を行い、活発な議論が行われました。 発表および議論 以下のような発表枠を用意し、議論を行いました。 通常発表:発表45分+質疑15分 ショート発表:発表30分+質疑10分 9月17日 招待講演:「研究・会社・生き方について」 株式会社プリファードインフラストラクチャー 岡野原 大輔} あらかじめ参加者から頂いた様々な質問について、次の三つのテーマに沿って回答する。 「研究」:自然言語処理・機械学習・データ解析に関する現状とともに、それらの今後の可能性について 「会社」:プリファードインフ ...続きを読む

第43回 情報科学若手の会 開催報告

はじめに 2010年9月11日から9月13日にかけて、芳泉閣 (静岡県熱海市西山町) で第43回情報科学若手の会を開催いたしました。全国より招待講演者を含む24名が参加し、様々な分野の発表を行い、活発な議論が行われました。 発表および議論 以下のような発表枠を用意し、議論を行いました。2件ずつの発表を1セッションとし、各発表は質疑応答を含め1時間強で行いました。今回はこの通常のセッションに加え、発表10分+質疑20分のショートセッションを設けました。 9月11日 記号意味論によるプログラミング言語比較学 竹迫良範 (サイボウズ・ラボ株式会社) 様々なプログラミング言語の仕様を提示しながら、それぞれの言語での記号の扱いをサンプルコードや実行例を含めて話していただきました。また、仕様の違い ...続きを読む

第42回 情報科学若手の会 開催報告

はじめに 2009年9月19日から9月21日にかけて、川崎グランドホテル(神奈川県川崎市川崎区)で第42回情報科学若手の会を開催いたしました。全国より招待講演者を含む24名が参加し、様々なジャンルの発表を行い活発な議論を行われました。 発表および議論 以下のような発表枠を用意し、議論を行いました。2件ずつの発表を1セッションとし、各発表は質疑応答を含め1時間強で行いました。 9月19日 Genkidama: P2P コンテンツキャッシュ共有システム 浅田拓也(株式会社ライブドア) キーバリューストアと共に注目されている技術、DHT(Distributed Hash Table)を活用し、ニコニコ動画の動画キャッシュを共有するアプリケーション「Genkidama」について発表していただき ...続きを読む